北欧ソファーらしさってどんな所にある?他の家具との相性は

北欧ソファはどんな特徴があるの?

北欧ソファの特徴って?

北欧家具が日本に入り始め、そして愛され始めてから、かなりの年月が経ちました。そのため、「北欧ソファ」というものを目にしたことのあるひとも多いかと思います。

もちろん「ソファ」というのもを見るとき、「これが北欧のものかどうか」というのを意識してみている、というひとはそれほど多くはないでしょう。でも、北欧ソファには北欧ソファらしい特徴もあります。ここでは、そんな北欧ソファについて見ていくことにしましょう。

北欧ソファの特徴は、北欧家具らしい木の枠組みに、ソファ部分をのせたものが多いです。北欧家具と言えば、穏やかで優しい色あいが中心ですが、北欧ソファの場合、明るいブラウンのものからダークな色合いを使ったものまで、かなりカラー展開は豊富です。このため、北欧家具にも当然よく合います。

北欧家具と北欧ソファの相性

また、北欧から輸入されるのは家具だけでなく、ファブリック(布)なども多いのですが、北欧ファブリックは大胆なカラーや大胆な柄のものも多いです。しかし北欧ソファの場合、リビングなどの「北欧家具らしい」北欧インテリアだけでなく、この子供部屋をほうふつとさせるファブリックにもよく合います。なぜなら、北欧ソファには、ファブリックと調和がとれたビビットなカラーの展開も豊富だからです。

北欧ソファは、穏やかな春の日差しがよく似合うソファと言えるでしょう。