北欧家具のダイニングテーブルの魅力

北欧家具、「ダイニングテーブル」はどんな表情を持つ?

北欧家具のダイニングテーブル、どんな顔があるの?

北欧の雰囲気を持つダイニングテーブルは、どんな表情を持っているのでしょうか?まずはそこから見ていきましょう。

北欧家具としてのダイニングテーブルは、特徴として、「木を使っている」と言うものが挙げられます。北欧は木の文化であるため、それを素材として使ったダイニングテーブルが多いのが最大の特徴です。

木という自然の素材を使っているためか、その外見は非常に穏やかで、どこか丸みを感じさせるデザインのものが多い、という特徴があります。人が集まり、食事をするという目的を有するダイニングテーブルにおいては、この北欧家具独特の魅力が存分に生きてきます。

ダイニングテーブルを北欧風にすることの注意点

北欧家具のダイニングテーブルは、とても優しい雰囲気をもたらすものであり、上でも述べたように、ダイニングには最適です。しかしその一方、木で作られたダイニングテーブルは、ものによってはかなり衝撃に弱い、ということは覚悟しておかなければなりません。これは、単純に、「刃物」「上から硬いものを落とす」などのような衝撃に対してだけではありません。水分のついたコップなどを置くことによって生じる「輪染み」もここに含まれます。

北欧家具のダイニングテーブルを使う際には、このようなデメリットに気を配る必要があるので注意が必要です。