北欧ビンテージ家具が愛されている理由とは?

思わず惹かれてしまうビンテージ家具の魅力とは

北欧家具にビンテージ品はある?

ソファー・テーブル ビンテージもの

北欧家具にも、ビンテージ品はあります。何十年、あるいは何百年も経過したビンテージ商品というのは、独特の色合いや風合い、重厚さがにじみでており、現在の「新しい家具」とは少し性格が違います。

そのため、このようなビンテージ商品に惹かれるひとは数多いはずです。

すべてをビンテージ商品でまとめることはできなくても、家の中に1つ2つおいておくだけで、心の中まで満たしてくれる。そんな「心の栄養」としてのビンテージ商品は、非常に愛されています。

北欧家具のビンテージ商品について

その素材が紡いできた歴史がビンテージ家具には感じられる。

北欧家具であっても、またそうでなくても、ビンテージ商品というのは、現在流通している一般的な家具に比べると非常に高額です。これは当たり前ですよね。

基本的には1点ものですし、薄利多売の考え方とは正反対のスタイルで売られるものだからです。イス1脚で50000円を超えるということも決して珍しくありません。

ビンテージ(アンティーク)商品に関しては、値段はあってないようなものですから、数十万円する、ということも当たり前です。

店やものにもよりますが、ビンテージ品、特にイスの場合は、表面の布(ファブリック)は、張替などが行われていることもあります。そのため、シミなどはなく、「枠組み」だけが、時代を経た風合いを残しているということがよくあるのです。

これなら清潔に使うことができますよね。