北欧風インテリアの特徴って?ほかの家具にはない魅力とは

北欧インテリアの特徴って?

北欧インテリアの特徴って、こんなところ!

北欧家具には人をほっとさせる温かみを感じる意匠が多い。

北欧インテリアの特徴というのは、どういうところにあるのでしょうか。今回は、「北欧インテリアとは何か」「メリットというのは何か」を考えていこうと思います。

北欧インテリアの最大の特徴は、「やわらかなフォルム」でしょう。

北欧インテリアの場合、「角」をあまり作らず、全体的に少し丸めのフォルムを使っています。そのため、とても温かみのあるデザインに仕上がっています。

北欧インテリアの代表というと、やはり「背もたれ付のイス」でしょう。おばあちゃんがこれに座りながら、暖炉のそばで編み物を編む、というシチュエーションの絵は、一度や二度は誰でも見たことがあると思います。

木を使ったデザインが、特に人気が高いですね。

北欧インテリアのそのほかのお話

素材の重厚感とファブリック柄が優しくマッチする。

とはいっても、「北欧インテリア」も徐々に変化していっています。

これは当たり前といえば当たり前のことです。

「日本家具」と言っても、今は日本で作られた家具も、昔のような「ちゃぶ台+桐のタンス」のようなもの以外にも、たくさんの選択肢が出てきましたね。

日本における家具がそうであるように、北欧におけるインテリアにも同じことが言えるのです。

ここからはあくまで体感的なものですが、特に現在はレザーを使ったものが増えてきたように思えます。

また、昔は、白色や木の茶色を使った比較的明るい色のものが多かったですが、今は黒などもあります。