本当に価値のある北欧系高級ビンテージ家具

北欧ビンテージ家具の特徴について

北欧ビンテージ家具の特徴を知りたい、と思うひとに

北欧ビンテージ家具

北欧家具というのは、非常にやわらかく、温かみのあるデザインをしています。それは、北欧家具のほとんどが木という材質によって作られているからでしょう。

このように「おっとりとした」性格を持っている自然派の家具は、今では世界に普及しており、日本でも愛好家がたくさんいます。

この北欧家具は、年月を経て、「北欧ビンテージ家具」と呼ばれるようになると、少し表情を変えます。

木の色は濃い茶色になり、ひとの手がよい意味でなじんでいるため、手触りも自然で、新しい北欧家具にはない魅力を生じさせるようになります。

もちろんものにもよりますが、明るいブラウンよりも、チョコレート色のような色合いを持つものが多くなってきます。

北欧ビンテージ家具の価格について

北欧ビンテージ家具は、ゴテゴテとした装飾があるものではありません。

そのため、一見すると値段は安く思えます。しかし北欧ビンテージ家具の場合、このような「印象」とは逆に、かなりお値段は高いです。

これは当然と言えば当然ですよね。北欧ビンテージ家具に限らず、ビンテージ品やアンティークというのは基本的には1点もので、非常に貴重なものだからです。

ただし、「ぱっと見にはわからない」とは言っても、近くで、そして触れさえすれば、それが上質なものであることはわかるはずです。本物の贅沢というのは、このように、控えめなものなのかもしれません。

北欧家具をはじめ、おしゃれで魅力あふれる家具を探すなら
>>おしゃれ家具・インテリアガイド<<